妊娠線予防クリームのランキング

妊娠予防クリームおすすめランキング

妊娠線予防のためには妊娠初期からしっかりとケアしておくことが大切です。だんだんと大きくなってくるお腹に専用クリームを使って保湿をしておきましょう。

 

柔らかくなっているお腹の皮膚は伸ばされても妊娠線ができにくくなります。産後に後悔しないためにも早めのケアを心がけてくださいね。

 

妊娠線予防にぴったりのクリームを独断でランキングにしてみました。

 

【ベルタマザークリームの特徴】

  • 妊娠中のママ向けボディケアクリーム売上、満足度、人気度第1位
  • 肌トラブルの奥までケアするシラノール誘導体
  • オーガニック原料5種類(カニナバラ・カンザシ・ノコギリソウ・タチジャコウソウ・ローズマリー)
  • 肌のリズムを整えるコエンザイムQ10
  • 高い還元力のあるヘスペリジン
  • 引き締め作用のある葉酸
  • 美容成分3種類(スーパーヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲン)
  • 肌に透明感を与えるアミノ酸ビタミン5種類
  • 安心無添加(合成香料・タール系色素・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・シリコン・エタノール・紫外線吸収剤が入っていません)
  • 日本国内製造品
単品価格 6,980円(税別・送料486円)
定期便 初回限定500円(税別・送料無料)92%OFF
2回目以降4,980円(税別・送料無料)

全成分
水、ミリスチルアルコール、BG、カニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ローズマリー葉エキス、プラセンタエキス、アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、セラミド2、アスコルビルグルコシド、グルコシルヘスペリジン、トコフェロール、ユビキノン、葉酸、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、グリセリン、コメヌカ油、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸ソルビタン、クエン酸、水酸化K、エチドロン酸、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果皮油

※定期便の場合は6回の継続がお約束になります。
ベルタマザークリーム公式サイトはこちら

https://belta-shop.jp/

 

【マタニティクリームの特徴】

  • 2016年4月に楽天リアルタイムランキングにて1位獲得
  • 100人以上の女性の声から生まれたマタニティクリーム
  • 肌のめぐりを助ける葉酸配合
  • リラックスアロマのネロリ(ビターオレンジ)の香り
  • 肌に潤いを与えるライマメ種子エキス・ダーマクロレラ
  • 肌を整えるアラントイン
  • 香料・着色料・鉱物油無添加
  • 国産
単品価格 2,800円(税別・送料無料)
定期便 初回限定価格1,400円(税別・送料540円)50%OFF
2回目以降は20%OFF 2,240円(税別・送料540円)

主要成分
水、BG、グリセリン、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/メタクリル酸ベヘネス-25)クロスポリマー、ヒマワリ種子油、オクチルドデカノール、コメ胚芽油、アラントイン、葉酸、グルコシルヘスペリジン、クロレラエキス、ライマメ種子エキス、パルミトイルテトラペプチド-7 、パルミトイルオリゴペプチド、ルチン 、グリチルリチン酸2K、グリセリルグルコシド、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、アルギニン、オクチルドデシルキシロシド、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30、セチルヒドロキシエチルセルロース 、トコフェロール、カプリル酸グリセリル、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、フェノキシエタノール、ビターオレンジ花油

マタニティクリーム公式サイトはこちら

http://464981.com/

 

【ノコア(nocor)アフタートリートメントクリームの特徴】

  • 2016年8月に楽天リアルタイムランキングにて1位獲得
  • 2015年と2016年2年連続モンドセレクション金賞受賞
  • 従来の200倍の浸透力があるビタミンC誘導体配合
  • 今注目の美容成分EGF・FGFを配合
  • 機能性ナチュラル成分配合(生シアバター・アボカドエキス・ペントナイト)
  • 10の無添加(石油系界面活性剤・パラベン・アルコール・高ブチュ・合成香料・合成着色料・動物性原料・紫外線吸収剤・サルフェート・PGが入っていません)
単品価格 6,480円(税別・送料486円)
2本セット 12,460円(税別・送料無料)
単品2回購入より1,600円以上お得

全成分
水、BG、スクワラン、グリセリン、シクロペンタシロキサン、トリエチルヘキサノイン、イソステアリルアルコール、ペンチレングリコール、ポリアクリル酸Na、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、フラーレン、ヒトオリゴペプチド-13、オリゴペプチド-24、アセチルデカペプチド-3、水溶性プロテオグリカン、プラセンタエキス、シアバターノキエキス、アボカドエキス、ベントナイト、ビターオレンジ花油*、葉酸、ホホバ種子油*、バオバブ種子油*、アルガニアスピノサ核油*、ツバキ油、ヤシ油、グレープフルーツ果皮油*、レモン果実エキス、キダチアロエ葉エキス*、カミツレ花エキス*、ユズ果実エキス、クララ根エキス、ラベンダー花エキス*、マテチャ葉エキス、マルトデキストリン、ビルベリー葉エキス、カンゾウ根エキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、チャ葉エキス、ティーツリー葉油*、オウレン根エキス、オリーブ果実油*、グルコシルセラミド、α-グルカン、ポリグルタミン酸、アルギニン、キサンタンガム、アルテロモナス発酵エキス、ヒドロキシプロリン、リシンHCI、アラントイン、水添レシチン、マイカ、PVP、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、フェノキシエタノール

ノコア(nocor)公式サイトはこちら

http://www.mow-shop.com/

妊娠線はなぜできるの?

妊娠線ができる原因は2つあります。

 

皮膚の急激な伸び

★体重増加によるもの
妊娠中は体重が増加しやすくなり、特に急激な体重増加があると皮膚は皮下脂肪がついた面積分伸びなければならなくなります。
その伸びが急激に起きることで、皮下組織の一部である弾性繊維の伸びがその勢いについていけずに断裂を起こしてしまいます。

妊娠線クリーム

★胎児の成長によるもの
胎児の成長により、お腹が膨らみ始める妊娠5ヶ月あたりから妊娠線ができやすくなります。
お腹が大きくなるにつれてだけではなく、お腹の重みで皮膚が引き伸ばされることにもよります。
特に胎児の成長が著しい妊娠後期(8~10カ月)が最も妊娠線ができやすい時期です。

 

ホルモンによる体質変化

妊娠中はステロイドホルモンの一種である「コルチコステロイド」というホルモンの分泌が増します。
このホルモンには肌の生まれ変わりであるターンオーバーを遅らせてしまう働きがあります。
ターンオーバーが遅れると肌の弾力を保つためのコラーゲンの生成を抑えてしまうため、皮下組織の弾性繊維が断裂を起こしやすくなるのです。

 

妊娠線のでき始めってどんな感じ?

妊娠線のでき始めは、ある日突然、赤~赤紫色の線がうっすらと現れ、痛みはありません。

 

その線が現れる前には、「肌の乾燥」「ピリピリとした痒み」「肌の引きつり」などの前兆があります。
また湿疹(妊娠性湿疹)が出る人も中にはいらっしゃいます。

 

肌の乾燥はコルチコステロイドというホルモンの分泌によるターンオーバーの遅れで肌の水分維持機能が低下するためです。これが原因で肌がカサカサになり、痒みを起こします。

 

それと同時にお腹が大きくなるにつれて皮膚が横に引き伸ばされ、ポリポリと掻いているうちに気が付いたら赤い線ができていたというのが妊娠線のでき始めによくあるパターンです。「肌がカサついて、なんだか痒い。」という時は妊娠線ができるサインであることを覚えておきましょう。

 

妊娠線初期のケアが大切です

妊娠線クリーム

残念ながら、妊娠線は一度できてしまったら完全に消えることはありません。しかし、できてしまった妊娠線を早くケアすることで悪化を防ぎ、回復を早めることができます。

 

ポイントは肌の乾燥を防ぐために保湿をしっかり行なうことです。
ボディ用の保湿クリームやローションなどでも良いのですが、肌に栄養を与える機能性が高いものを選んでケアするとより良いです。

 

肌が最も乾燥しやすいのはシャワー入浴後です。
身体は石鹸やボディソープなどの洗浄剤で擦り洗いしたり、それを洗い流すことでたくさんの水を浴びることによって角質層から「セラミド」も流されてしまいます。

 

角質層の細胞間脂質の主成分であるこのセラミドが不足すると、肌は水分不足になって乾燥を起こします。

 

入浴後は何よりも先に肌にローション等で水分を与えてから、質の良いオイルやクリームなどでしっかり保湿を行ないましょう
保湿をによって肌の乾燥を防ぐことで痒みの発生も防ぎ、掻きむしりによる妊娠線の悪化を防ぐことができます。

妊娠線えっ!?こんなところにできた

妊娠線クリーム

妊娠線というと、ほとんどの方がお腹にできるものとイメージするでしょう。しかし、妊娠線は意外な場所にもできてしまうのです。

 

意外だからこそ、気付くのに遅くなって、妊娠線初期からのケアができなかったという結果にもなります。
妊娠中はお腹だけではなく、体重増加によって全身的に変化が起こりやすくなります

 

ホルモンバランスの変化によっても肌質が変わるなど、とてもデリケートな状態です。
妊娠線は「皮下脂肪が付きやすい場所にできる」ということを意識しておきましょう。

 

妊娠線お腹だけじゃない!太ももに注意

妊娠中は大きなお腹によって上から眺めるだけでは下半身の状態が見えなくなってしまいます。お腹がつかえてかがむことも無理なので、自分にとって死角となる部分が出てきます。

 

お腹の真下にある太ももは特に見えにくい場所であり、且つ、皮下脂肪が付きやすい部分であるため、妊娠線ができやすい場所です。
お腹の妊娠線だけを意識していたら、いつの間にか太ももにもできていたというケースは多くあります。

 

体重増加によって皮下脂肪が増えることが一番の原因ですが、下半身は重力の影響を受けてリンパ液などの体液がたまりやすく、むくみを起こして脚をサイズアップさせてしまいます。

 

皮下脂肪の増加とむくみが重なると、皮膚が強く引き伸ばされて皮下組織が断裂を起こしてしまうのです。
時々、姿見や手鏡を使って太ももをチェックすることをおすすめします。

 

妊娠線は胸やバストにもできる

妊娠線クリーム

妊娠線は意外なことに胸やバストにもできてしまうのです。

 

胸やバストも身体のなかでは最も皮下脂肪が付きやすい場所であり、妊娠してからは出産後の授乳へ向けて胸が大きくなるため、重さも増して皮膚が引き伸ばされてしまいます。

 

個人差はありますが、変化が大きい人だと2カップ以上もサイズアップしてしまいます。しかも、妊娠中のバストのサイズアップは短期間で起こるため、皮膚は急激に伸びなくてはなりません。

 

それに加えて妊娠中に分泌されるステロイドホルモンによって肌が柔軟性を失っている状態なので、皮下組織が断裂を起こしやすくなっています。

 

胸で妊娠線ができやすい場所は、アンダーバストに近い部分と、バストの重みを受けて皮膚が伸びやすい上部です。アンダー側は見えにくい場所なので、気付いたら妊娠線ができてしまっていたということもあります。
胸に張りや引きつりを感じたら妊娠線ができるかもしれないサインですので注意しましょう。

妊娠線を絶対に作らないためにやること

妊娠線クリーム

一度できてしまうと、完全に消えることはない妊娠線はできれば作りたくないものです。妊娠線は「体内で生命を育んだ証」とも言われますが、結果的に女性にとっては悩みになります。

 

たくさんの女性が、妊娠線ができてしまう原因や予防方法を正しく知らず、いつの間にかできてしまった妊娠線にショックを受けています。

 

妊娠線を作らないためには、妊娠中はホルモンの変化で肌が柔軟性を失いやすいこと、そして、肌が乾燥して皮下組織が断裂しやすくなるということを常に意識しましょう。
そして、肌のコンディションを良く保つために十分に保湿することを心掛けましょう。

 

妊娠線予防はとにかく保湿

前にも述べたとおり、妊娠線を作らないためには肌をしっかりと保湿することが鍵となります。
妊娠中に分泌されるステロイドホルモンによってターンオーバーが遅れると、肌のコンディションが悪くなり、皮下組織にある弾性繊維となる成分であるコラーゲンの生成も上手くいかなくなり、肌は柔軟性を失ってしまいます。

 

そして、ターンオーバーの遅れは水分を維持するための部分である角質層にも影響を与え、肌の乾燥を引き起こします。
例えて言えば、正常な肌は水を含んだゼラチン板、柔軟性を失って乾燥している肌は乾燥したゼラチン板のようなものです。

 

前者は伸びが良いのですが、後者は強く引っ張ったり折ったりすると亀裂が入ります。まさにこれと同じ状態が皮下組織で起きているのです。

 

柔らかく伸びに強い肌を保つためには、肌に十分な水分があることが第一条件です。
肌に水分を与え、さらに水分を逃さないために保湿をしっかり行なうことで妊娠線を予防しましょう。

 

妊娠線対策のための保湿剤の塗り方

妊娠線クリーム

妊娠線対策のために保湿をぜひとも行ないたいのは「入浴後」です。
入浴は全身にシャワーを浴びたり湯船に浸かったりして、一見、肌に水分をたっぷりと与えられるように思えますが、実をいうと、それとは逆に入浴は肌の水分を失いやすいのです。

 

私たちの肌の水分を維持している「セラミド」という成分は、手を洗っただけでも角質層から簡単に流れ出てしまいます。

 

入浴は全身からセラミドが流れ出てしまうので、入浴後は最も乾燥肌を引き起こすタイミングとなるのです。入浴後に何よりも先に行なってほしいのが全身の保湿です。
保湿剤をそのまま塗るのも良いのですが、肌の水分量を高めるために保湿剤の前に水分たっぷりのローションを塗ることをおすすめします。

 

胎児の成長によって大きくなっていくお腹をはじめ、サイズアップしていく胸、そして皮下脂肪が付きやすい部分に優先的に保湿をしていきましょう。
摩擦によってもセラミドは角質層から出て行ってしまいますので、保湿剤はゴシゴシと擦りつけるように塗るのではなく、肌に滑らせるように優しく塗ってください。
妊娠線は予想外の場所にも現れますので、保湿は全身くまなく行ないましょう