妊娠線予防クリームのランキング

妊娠線出産後はどうなる?消えるの?

妊娠線予防クリーム

妊娠線は、ある意味「子どもを体内で守り育てた証」であるのですが、ママたちにとっては外観的な悩みとなってしまうのが現実です。

 

できてしまった妊娠線は、残念ながら完全に消えることはありません。しかし、時間の経過や産後に妊娠線のケアを行なうことで目立たなくなっていく可能性は十分にあります
妊娠線を薄くする方法や、目立たなくするテクニックをチェックしてみましょう。


妊娠線を薄くする方法

妊娠線を薄くするには、2つの方法が挙げられます。

 

自宅で肌の乾燥を防ぐための保湿を毎日行なう

お腹やバストなど、皮下脂肪がつきやすく妊娠線ができやすいと考えられる部分を中心に保湿を行なうことが効果的です。

 

伸びが良く保湿効果のあるオイルやクリームを使用しましょう。

 

肌の保湿に効果的なオイルは、ホホバオイルココナッツオイルオリーブオイルなどがあります。

 

新鮮な状態の天然のオイルを使用してください。(一度開栓したオイルは長期間使用しないと酸化して肌に良くないものとなります。)

 

クリームの場合は、保湿成分を多く含むものを使用しましょう。
保湿のタイミングに厳格なタイミングはありませんが、特にお風呂上がりは肌が乾燥しやすくなっていますので忘れずに行なってください。

 

乾燥がとても気になる場合は、オイルやクリームを塗る前にローション等で水分を肌に与えましょう。

妊娠線予防クリーム

美容外科でレーザー治療を受ける

できてしまった妊娠線を薄く目立たなくするためにより効果的なのは、美容外科で受けられるレーザー治療です。しかし、妊娠線を目立たなくするためのレーザー治療は自由診療となるため、健康保険や医療保険が適応されません。

 

妊娠線の重症度にもよりますが、自宅で地道に保湿ケアを続けるよりは遥かに短い時間で簡単にケアを終わらせることができます。

 

費用がかかることですので、納得のいく治療を受けるためにもまずは医師への相談から始めましょう。

妊娠線が目立たなくなるマル秘テクニック

産後に妊娠線が目立って、鏡でお腹を見るたびにガックリとしてしまう人もたくさんいます。

 

出産後にお腹の皮膚がたるんでしまって、妊娠線をよけいに目立たせていることが1つの原因です。

 

お腹のたるみを解消するためには、腹筋運動骨盤ベルトが有効です。

 

運動をすることにより筋肉が鍛えられて脂肪が燃焼されやすくなり、骨盤ベルトを使用することにより体形を整えることができます。続けているうちにお腹が引き締まって妊娠線が目立たなくなることが期待されます。

 

特に困るのは夏のレジャーの代表格である海やプールで水着を着なければならない時です。ワンピースタイプの水着を着れば隠せてしまいますが、やはりビキニを着たいという人もいます。

 

すぐにでも妊娠線を目立たなくしたい時は、傷跡やシミなどをしっかりカバーしてくれるボディ用のコンシーラーを使用しましょう。

 

妊娠線予防クリーム