妊娠線ケアいつから始める?

妊娠線ケアいつから始める?

妊娠線予防クリーム

妊娠線のケアは、出来てしまってから行なうというよりも、出来てしまうのを防ぐケアから始めてしまいましょう。

 

妊娠線は、特に下腹部に出来やすく、お腹が大きくなると目視では下腹部の様子が全く見えなくなってしまい、いつの間にか妊娠線ができてしまっていたという結果になります。

 

妊娠5ヶ月あたりのお腹が大きくなり始める時期にスタートさせて、臨月に入ってもなるべくケアを続けましょう。
ケアを早く始めることによって、胎児の成長によって急激にお腹の皮膚が伸びを起こすことに備えることができ、妊娠線ができてしまうことを予防できることが期待されます。


妊娠線の前兆を見逃さないで

妊娠線はいつの間にかできてしまうケースが多いのですが、実をいうと、妊娠線ができる前兆があるのです。

 

まずは肌に痒みを感じるようになった時は要注意です。
肌が乾燥している証拠で、その時の肌は同時に真皮や皮下組織が柔軟性を失っていていて裂けやすい状態にもなっています。

 

そんな状態で痒みに耐えられずに掻いてしまうと、弱っている肌を刺激してさらに妊娠線を作りやすくしてしまいます。

 

妊娠性の発疹ができた場合も引っ掻いて妊娠線を作ってしまう原因となりますので注意です。

 

また、胎児が成長するにつれてお腹が重くなっていき、同時にその重みにより皮膚が引っ張られることになります。お腹が重いと感じるようになった時妊娠線ができやすくなる時期に入っているサインです。

 

お腹に近い皮膚も同時に引っ張られますので、お腹だけでなくその周辺の皮膚の状態にも気を付けるべきです。

妊娠線はなぜできるの?

妊娠線予防クリーム

妊娠線は、赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなることによって、お腹の皮膚が急激に伸びてしまい、その伸びについていけずに真皮が裂けてしまうからです。

急激に肌が伸びると、真皮内にあるコラーゲン弾性繊維が断裂を起こし、それが赤色~紫色の線状班となって皮膚の表面から見えるようになります。

 

また、伸びという物理的な原因だけではなく、妊娠中に分泌されるコルチコステロイドというステロイドホルモンの一種が増加することにもよります。このホルモンには肌のターンオーバーを遅らせてしまう働きがあり、その影響でコラーゲンの生成も順調にいかなくなってしまい、皮膚の柔軟性を失うことにつながります。

 

つまり、皮膚の伸びが悪くなって皮膚の組織が傷つきやすくなるのです。

 

顔の肌でも同じことが言えるのですが、ターンオーバーが正常でない肌は弾力を失うだけではなく、バリア機能が低下して肌そのものが弱ってしまいます。そのため、妊娠中はお腹だけではなく、身体の外の部位の皮膚の断裂も起こしやすくなり、身体のいたる場所に妊娠線が出来てしまうことがあります。

 

妊娠線予防クリーム