妊娠線予防クリームのランキング

妊娠線と肉割れは違うの?

妊娠線予防クリーム

肉割れは、ダイエットによる急激な皮下脂肪の減少や、その逆で痩せている人が急激に太って皮下脂肪が増加することにより皮膚がいきなり伸び縮みを起こして真皮や皮下組織が裂けてしまうことが原因としてよく知られています。

 

妊娠線は、「妊娠中にできてしまった肉割れ」のことですので、妊娠線と肉割れは物理的な違いはありません。

 

基本的には、妊娠中にできたのか、妊娠中でない時にできたかのかによって呼び名が違うだけということです。


妊娠線のできる理由

妊娠線ができる理由は、妊娠中に肌の柔軟性を損なわせるステロイドホルモンが分泌されることによって真皮や皮下組織が裂けやすくなってできるということがまず挙げられます。

 

肌が柔軟性を失うと乾燥しやすくなり、肌のバリア機能も低下して皮膚が傷つきやすくなります。

 

そのような状況下で胎児の成長による重みに耐えるためにお腹の皮膚が引き伸ばされることになり、裂けやすくなってしまうのです。

 

また、つわりの時期を越えると食欲が元に戻ったり、人によっては食欲が増しすぎることによって急激に体重が増えることがあります。

 

食事量の増加によって体重が増えるということは、皮下脂肪がつくことですので、皮膚は皮下脂肪の厚みができた分の面積を増やさなければならないため伸びてしまい、これが原因となって妊娠線ができてしまうのです。

 

そのため妊娠線は胎児を抱える腹部だけではなく、もともと皮下脂肪が多いバストや、皮下脂肪が付きやすい太ももにもできてしまいます。

妊娠線の種類ってあるの?

妊娠線予防クリーム

妊娠線にも種類があり、以下のとおりとなります。

 

新妊娠線

妊娠中にできる線であり、毛細血管により赤~紫系の色味を帯びていて、紡錘形(中央が太く、両端へいくにつれて細くなっていく形)であることが特徴です。

 

旧妊娠線

妊娠中にできた線が出産後に跡となって残ったもので、色は白色かそれに近いものになります。膨らみは少なくなりシワのようになります。
新妊娠線ほど目立たなくなりますが、完全に消えることはなく、旧妊娠線がある部分の肌を触ると凹凸があることを感じます。

 

※妊娠中にできる線で妊娠線とは違うものもあります。

正中線

妊娠中、おへそをの上下に現れる1本線で、茶色っぽい縦線であることが特徴です。妊娠時特有の生理的な現象で、悪いものではありません。

 

身体の中央部分には、お腹の中にいた時に細胞分裂した名残があり、正中線もその1つです。
男女ともに正中線があるのですが、妊娠中に正中線が出てくるのは、お腹が大きくなって引き伸ばされた部分の皮膚が薄くなり線が目立つようになるからです。 産後には自然に消えてしまうことがほとんどです。

 

妊娠線予防クリーム