妊娠線予防クリームのランキング

妊娠線のかゆみは産後も続く

妊娠線予防クリーム

妊娠中の妊娠線のかゆみは、妊娠中のホルモンバランスが原因となって起こる肌の乾燥です。

 

これが進行すると、全身が痒くなる妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)となり、妊娠線のかゆみにさらに拍車をかけることになりますが、これは産後に少しずつ治まっていきます。

 

しかし、産後も妊娠線のかゆみが続くのは、ホルモンの影響ではなく真皮に入った亀裂による刺激が原因となります。そして、その時の肌の状態もやはり乾燥してしまっているケースが多いです。

 

これは怪我をした跡がかゆくなるのと同様の現象です。


妊娠線かゆすぎる時の対処方法

妊娠線かゆみの原因は、妊娠中と産後で違いがあります。

 

妊娠中の妊娠線のかゆみはホルモンバランスが原因で肌が乾燥してしまうことによりますが、産後の妊娠線のかゆみの原因は真皮に入った亀裂による刺激と肌の乾燥によるものですので、単に保湿剤を塗ったところでかゆみを抑えることはできません。

 

掻いてしまうと妊娠線を悪化させてしまいますので、掻くことは極力我慢しましょう

 

しかし、我慢が続けばストレスになってしまいます。やはりかゆみが治まらない場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。皮膚科によってはステロイド剤を処方する場合もあります。

 

ステロイドに対して抵抗がある方もたくさんいますが、ステロイドは使用量・使用法は医師の指導のもとでをきちんと守るようにしてください。
どうしても抵抗がある場合は、無添加の妊娠線クリームを使用しましょう。

妊娠線乾燥が一番の大敵

妊娠線予防クリーム

妊娠線のかゆみを引き起こす最も大きな原因は、やはり肌の乾燥です。

 

妊娠線ができている部分の肌が乾燥を起こすと、肌のバリア機能が低下してちょっとした刺激にも反応してかゆみを生じさせます。

 

産後の妊娠線のかゆみは、真皮に入った亀裂による刺激とともに肌の乾燥も起きていることが原因で起こります。

 

妊娠線そのもののかゆみには痒み止めを使用すればOKですが、肌を乾燥させたままの状態でケアしないでいると、乾燥による肌のかゆみをストップできずに妊娠線にまで爪を立ててしまう結果になります。

 

妊娠線1本1本を避けながら肌を掻くなんてことは到底不可能ですよね。かゆみのスパイラルに陥ってしまった時は、必ず「保湿」の二文字を思い出して、すぐに保湿ケアを始めましょう。

 

保湿をすることで肌の状態が改善され、まずは広範囲に起きるかゆみを軽減することができます。

 

そうしながら妊娠線そのもののかゆみを抑えるために専用の痒み止めを使用することで、かゆみを我慢する辛さから解放され、引っ掻かなくなることで妊娠線の悪化を防ぐことができます。

 

妊娠線予防クリーム